「シルバー人材センターとは」阿南広域シルバー人材センター

シルバー人材センターは働く意欲のある高年齢者の方々に臨時的・短期的な就業機会の確保・提供する機関です

TOP > シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、市町村を中心に設置されている公益法人(公益社団法人)です。

企業や家庭、公共団体などから高齢者にふさわしい仕事を引き受け、シルバー人材センターの会員に仕事を提供しています。

高齢者の方々が働くことを通じて健康で生きがいを感じて暮らしていけるよう、活力ある地域づくりに貢献します。

基本理念

●会員による自主的・主体的な運営

会員による自主的・主体的な運営を理念としています。

●共働・共助で働く

会員のひとり一人が経験と知識を活かし、お互い協力し合いながら、仕事を開拓し、働く事を理念としています。

このぺージの上部へ

システム

シルバー人材センターのシステム

健康で働く意欲のあるおおむね60歳以上の方が会員として登録します。
シルバー人材センターはご依頼者の仕事を責任をもって請負います。
シルバー人材センターは会員に仕事を提供し、仕事量に応じて配分金を支払います。

注意点

●シルバー人材センターで扱う仕事は、臨時的かつ短期的な仕事、またはその他の軽易な仕事に限られます。
●シルバー人材センターでは、就業や収入の保障はいたしません。
●シルバー人材センターと会員、会員と依頼者との間には雇用関係はありません。
●雇用関係がないため、仕事中の事故に対して労災保険が適用されません。このため、仕事中や仕事先への移動のときの補償として、独自のシルバー傷害保険に入っています。また、他人の身体、財物等に損害を与えた場合は、賠償保険を適用しています。

このぺージの上部へ